カナガンキャットフードの保存方法の工夫

賞味期限のところでも紹介していますがカナガンのキャットフードの賞味期限は製造日から18か月です。

開封後は約3か月です。

3か月の間にも袋を閉めていなかったり高温多湿であるなどそのような保存方法はキャットフードを腐らしてしまう原因となります。

風味を落とさず賞味期限まで美味しく食べられるような保存方法をご紹介します。

ポイント

  1. 袋をゴムで縛るなどをして必ず閉めて湿気が少なく涼しい場所で保存しましょう。
  2. 冷凍保存は大丈夫ですが冷蔵庫での保存はやめておきましょう。
  3. 小分け袋で保存も〇です。

冷蔵庫保存がだめな理由は入れ物などの表面に結露ができその結露がカビなどを発生させるからです。

冷蔵庫で保存するより常温での保存の方がまだいいようです。

一度袋をあけてしまうと酸化は進んでしまいます。

少しでも酸化を防ぐには小分け袋にジッパーがついたものやしっかり密封できるものがいいでしょう。

ウエットフード(缶詰)はドライフードに比べて賞味期限も長いのでペットの非常食にはぴったりです。

缶詰は開封後3日以内で食べきるようした方がいいでしょう。

残った缶詰はラップや違う容器に入れてあげると酸化防止と衛生面でも気を付けることができます。

常温で保存した場合は2時間を限度にしましょう。

冷凍保存はドライフードもウエットフードも保存できますができるからと言っていつまでもできる訳ではありません。

1か月~1か月半を目安に与えてあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です